イジメは早めにプロに調査を依頼することが大切

 

近ごろ、イジメの問題が深刻化してきていますね。学校におけるイジメの発生数は20人に1人といいますから、クラスの中で最低でも1名はイジメの被害に遭っているということになります。イジメと言っても昔のようなものではなく、最近のイジメは悪質なもの、陰湿なものが多いのが特徴です。
いじめられている子どもは親にも言えず一人で苦しんでいることも多いので、子どもが学校に行きたがらなくなった、所持品が壊れている、あるいは紛失したけれども子どもが理由を言わない、学校から帰ってくると衣服が汚れていることがよくあるなどといった異変が見られた場合には「自分の子どもがイジメに遭っているのでは」と疑った方がいいでしょう。イジメに遭っているかどうか問いただしても答えない子どもも多いので、優しく抱っこなどしてあげながらさりげなく聞いてあげる心配りも大切です。
お家でイジメを確認したら、証拠をつかむために探偵に調査を依頼するのがおすすめです。子どもと同じクラスの子どもがイジメに遭っていましたが、生徒はイジメが行われている現実を知っていても自分がいじめられると嫌なので見て見ぬふりをしますし、イジメっ子はもちろん本当のことは言いません。担任の先生にしても面倒なことにはかかわりたくないので、物的証拠をきちんと見せないうちは知らんふりをすることが多いのです。イジメに耐えられなくてリストカットに至る子どももいますので、深刻な事態にならないうちに事態を食い止めた方がいいでしょう。一刻も早く子どものイジメに特化した探偵に相談し、証拠をつかむことが大切です。
イジメは無視や仲間はずれから始まり、嫌がらせ行為や中傷、金品の搾取に発展し、ついには集団暴力に至ることが多いものです。いじめている子どもが友だちであるケースも多いし、いじめている方は遊びだと思っていることもありますから余計始末が悪いのです。イジメをしている側の両親も、事態を承知していながら真実を伏せていると、ある日突然子どもが傷害事件の加害者として逮捕されるという事件も起こりかねない事を覚悟しておかなければならないですね。

 

The following two tabs change content below.
探偵ナビ

探偵ナビ

全国の優良な探偵社を紹介している元探偵。 豊富な知識と経験で各種調査方法や調査内容などをアドバイス。

関連記事

サイト内カテゴリー

関連リンク




新着探偵社

ページ上部へ戻る