探偵と興信所の違いとは

探偵というと何となく映画やテレビドラマに出てくるだけの存在で、自分とは何の関係もないと思っている人は多いのではないでしょうか。

ところが探偵は案外身近なところで活躍しているのです。たとえば結婚する相手の素行を調べたいといった個人的な要望、あるいは雇用する人間やこれから取り引きを始めようとしている会社の信用調査をしたいなど、社会的な必要性が出てきたときに依頼をするのが探偵や興信所です。

「探偵」と「興信所」と2つの項目があって迷った・・・

私も探偵とは縁のない存在だとずっと思っていましたが、結婚したい相手が現れたときに彼がどんな人なのか、前に結婚していたことがあるのかどうかなどについて知りたくなり、探偵に依頼することに決めました。電話帳で調べてみると「探偵」と「興信所」と2つの項目があって迷ってしまいます。よく調べてみたところ、探偵は個人的な調査を依頼したい場合に、興信所は会社の社会的信用などを調べたい時に使うことがわかりました。

探偵と興信所の歴史

探偵を日本で始めたのは刑事を引退した岩井三郎という人で、尾行や張り込み、聞き込みなどといった刑事時代の捜査方法をそのまま利用して個人的な依頼を引き受けていたそうです。これに対して興信所の方は法人が取引先の信用調査をしたい時に仕事を依頼をするという感じです。ちなみに日本で最初にできた興信所は「商業興信所」といい、日本銀行理事の外山修三が1892(明治25)年に設立したものです。
ですから個人が付き合っている相手の素行や家族関係、何の仕事をしているかを知りたいのであれば興信所よりも探偵に相談してみることをおすすめします。興信所と探偵では調査方法にも違いがあり、探偵は「外観型調査手法」といって調査される側に気づかれないように張り込みや尾行をしますが、興信所になると「内観型調査手法」を採用していますので、調査相手と直接会って名刺を渡し、必要事項を質問することもあります。ですから相手に知られないように調査を進めてほしいのなら断然探偵がおすすめということになります。

The following two tabs change content below.

探偵ナビ

全国の優良な探偵社を紹介している元探偵。 豊富な知識と経験で各種調査方法や調査内容などをアドバイス。

関連記事

サイト内カテゴリー

関連リンク




新着探偵社

ページ上部へ戻る